脇脱毛クリームで使われる大豆イソフラボンについて

MENU

脇脱毛クリームで使われる大豆イソフラボンについて

パイナップル豆乳ローションに含まれる豆乳成分はもともと美肌クリームとして注目されるものですが、それだけに留まらず、ムダ毛の育成を抑える効果が期待できると言われています。それは豆乳に含まれる大豆由来のイソフラボンによる効果だと言われています。

 

毛を薄くするものとして女性ホルモンが挙げられます。逆に毛深くなるのは男性ホルモンの効果だと言われています。そして、今回紹介するイソフラボンは、なんと女性ホルモンであるエストロゲンに良く似た構造を持っていて、植物性の女性ホルモンという異名を持つほどです。化学物質というのは、構造が良く似たものは、体の中でも似たような働きをすることが多く、イソフラボンを肌から塗込むことで、女性ホルモンと同じ働きを期待することができます。

 

また、女性ホルモンに似たイソフラボンですが、男性の体の中でも少量ながら女性ホルモンがつくられていることもあり、男性にとっても害はありません。それだけに留まらず,イソフラボンは前立腺がんや乳がんを抑える働きがあると言われ、体に良い成分といえるでしょう。

 

お肌すべすべが期待できる脇脱毛クリームはこちら